第63回全日本バレーボール高等学校選手権大会岩手県予選会

 遅くなりましたが、11月6日~8日まで、奥州市水沢総合体育館にて行われた、春高バレー岩手県予選会の結果をご報告いたします。

1回戦 盛岡一 2(25-15、25-14)0 黒沢尻北

2回戦 盛岡一 2(25-18、25-15)0 盛岡北

3回戦 盛岡一 0(15-25、5-25)2 不来方    ベスト8

という結果に終わりました。なお、今大会の優秀選手に主将の阿部真旺が選ばれたこともあわせてお知らせします。

高総体が終わり、選手権大会の予選通過が決まった時点で、不来方との準々決勝は見えていました。上を目指している以上は避けては通れない相手。だからこそ、選手たちには敢えて事あるごとに不来方を意識させて練習に励み、プレーさせてきました。大会当日、ネットをはさんで不来方と相対した時、経験のない選手たちがいやが上にも意識してしまうのは見えていましたので、だったら早いうちから意識させておいた方が得策だと思ってのこと。現有勢力では、ある程度の仕上がりをもって大会に臨めたはずでしたが、やはりそうは問屋がおろしませんでした・・・。自分の考えも甘すぎました。特に、第2セットは最たるもので、選手たちは「分かっているけど・・・」という状態に入ってしまっていました。本番での恐ろしい一面を実感できたことが、今後に繋がってくれればと思いますし、繋げなければこの悔しさと負けを経験した意味がありませんので、選手共々より一層精進していきたいと思います。

 なお今後は、後期中間考査のため24日まで勉強に集中し、その後12/18・19に雫石で行われる新人大会盛岡地区予選にむけて練習を再開します。

“第63回全日本バレーボール高等学校選手権大会岩手県予選会” への3件の返信

  1. 高校選手権大会お疲れ様でした。事前の修紅との練習試合や岩大との練習試合を見た身としては かなり期待を持って大会に臨みました。 まだまだ試合経験が足りずに緊張があるのかなと思いましたが、夏よりもはるかに成長したチームを見て、すごく楽しみに思っています。南には必ず追いつき追い越せるそんな気がします。先生の日頃のご指導に感謝しています。今後ともよろしくお願い致します。

  2.  返信が遅くなってしまいすみません。いつもありがとうございます。
     昨日からテスト明けということで、練習を再開しました。いつも以上に、選手たちの気持ちが伝わってくる雰囲気で再スタート出来た日でした。選手たち自身が、選手権大会を終えて感じたこと・学んだことを新人大会に向けて活かしてほしいと考えています。
     まだまだ発展途上のチームですが、いつまでもそのことを言い訳にできませんので、来月の地区予選、そして県大会で結果を残せるように頑張りますので、今後ともご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)