青森遠征

 近況を報告します。

 先週末に、いつもお世話になっている青森工業高校に遠征してきました。インフルエンザの流行で、参加予定だった高校が参加できないという状況ではありましたが、とても充実した2日間を過ごしてきました。

 総括しますと、今回の遠征である程度の目処が立ったということは大会に向けて非常に収穫でした。苦しみもがきながらも、選手一人一人が持ち味を随所に見せてくれたことはとても心強かったです。個人的にこれまでは不安の方が大きかったのですが、この遠征を終えてみて新人大会がとても楽しみになってきました!ある程度の計算ができるようになってきたことは、とてもいいことなので大会までにもっと精度を高めていきたいと思います。

 今後は、とにかくプレーの精度を高めることと、コンディショニングも含めて選手のメンテナンスを中心に行っていきたいと思います。大会当日まで、これ以上できないというくらいの段取りは組んでいますので、試合までの準備をやるだけやって、あとは試合を楽しめる状態に選手がなってくれればと思います。

  今後も、「インフルエンザ」と「己」に負けない盛岡一高バレー部で頑張りたいと思います。

追伸:男子バレー部OBの小林(慶應義塾大1年)から入替戦の結果報告があり、筑波大を破り1部に昇格したということでした。本人も非常に喜んでいましたし、来年度の春リーグからは1部でのリーグ戦ということを非常に楽しみにしているようです。本人も、さらに精進しますとのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)