高校総体、ありがとうございました

日頃より後輩たちへのご指導ご支援いただいておりますこと感謝申し上げます。

さて、先日行われました高校総体ですが、ご存知のとおり残念ながら不来方高校に敗れベスト8という結果で幕を閉じました。

怪我人もほとんどなく、良い状態で大会に臨むことができ、選手たちも本当に一生懸命戦いました。初戦の盛岡誠桜は相手としては参加チーム中最も難敵という組み合わせでもあり、気持ちと現実の空回りが目に見える状態でした。
その誠桜に辛勝して、次の釜石商工では落ち着いて試合ができましたので、準々決勝の不来方もある程度落ち着いて試合をできるのでは、と考えていたのですが、さすがの不来方高校で力を出し切る前にやられてしまった印象でした。

選手の力を出してあげられなかった監督の力不足です。大変申し訳ありませんでした。

また、主将が大会優秀選手として表彰されました。

白堊バレーボール会の皆様に、お礼方々ご報告申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)